初めまして。 つき子です。

西洋占星術が好きで、ホロスコープを読んできました。
ホロスコープって、こういうものです。↓

生まれた時の天空の星の配置を記した出生図や、進行中の星の動きを重ねて、今の状況や先の見通しを読むことができます。

かなりの確率で、その人がきつい時期か、その時期を抜けたばかりのタイミングで星読みを依頼されることが多いです。

人間も自然の中の物一部なので、やはり天体の影響を受けています。

ずっと不運な人も、逆にずっと幸運な人もいないし、誰でも人生の中で波があります。
調子のよい時もあれば悪い時もあります。

ホロスコープで持って生まれた傾向や性格を読むと、よく知らない方でも、当たっていることがよくあります。

また、スキャンダルを起こした有名人の星周りを見ると「あ~、やっぱりね」ということもよくあります。

だけど当たる当たらないよりももっと大切なことがあります。

それは、その人が「星を活かす」ということです。

どんな占いでもひとつのツールに過ぎません。

幸運期であっても、「何かいいことないかなぁ~」と、何も行動せずにただ棚ぼたを待っていても何も起こらないし、他力本願では人生は変わりません。 そういう私自身、あまり行動力のあるタイプではなく、ある時期まで精神世界やスピリチュアル系にハマって、思考パターンを変えたり、過去世を癒せば人生が変わると思い込んで、セミナーに行ったり、せっせとヒーラーさんに通っていた時期がありました。 でも何も変わりませんでした。今振り返れば、完全に依存状態でした。
その後、地に足の着かないスピリチュアル系が嫌になり、今度は自己啓発に出会いました。 コーチングをやっている人に

「実際に目標を立てて行動しなければ何も変わらない!」

「これまでと違ったことをしないと現状維持だけ」

「決断が大事」

と言われ、

「私に欠けていたのはこれだったんだ~!」

と、一時的に熱狂的に目標達成に向けて頑張りました。 いきなりスピリチュアル全否定に走りました。

確かに、ある期間を区切って、自分に負荷をかけて頑張れば、思いがけない成果を出すことはできました。「決める」ことのパワーも体感しました。 でも、一所懸命気持ちを上げて、かなり無理をしてやったので、その期間が過ぎてしまったら、燃え尽きたようになってしまいました。 そもそも気の乗らないことだったけれど、チャレンジと思って、自分にムチ打って、やってみたんです。

極端から極端に走り過ぎましたーーー(+o+) 後になって、自分のホロスコープを見たら、アクティブな火星の影響で精力的に動けた時期でした。これはこれで貴重な経験でしたが、またまたドンヨリしてしまいました。

こういった経験を通して、わかったことは・・・・

行動は必要。

でも結果が出る時期も出ない時期もあるし、無理は続かない。

あれこれ彷徨って、目に見えない世界も、決めることや行動も両方必要だということが、頭では分かっていたけれど、やっと腑に落ちました。