有名人の場合、正しい出生データを公表していないこともあります。
出生時間が変わるとハウスも変わり、それに連れて解釈も変わってくるので、あくまでも「この出生時刻だと仮定して」という前提でお読みください。
翻訳者(=星を読む人)によって解釈や表現がそれぞれに異なってくる世界です。
現時点での「私」というフィルターを通しての星の翻訳表現なので、気軽に楽しんでいただければ幸いです。

【松田聖子】
1962年3月10日 17時05分
福岡県久留米市生まれ
太陽⇒魚座、月⇒牡牛座、Asc⇒乙女座  Mc⇒射手座
「火」1 「地」6 「風」10 「水」9
「C」0 「F」7 「M」3

持って生まれた気質を表す月は牡牛座。
娯楽や贅沢を好む。内面は頑固で、自分の感情やフィーリングにこだわる。
安定志向で変化を嫌う。
固定宮(Fixed/持続力のある星座)に星が集中しており、このため「松田聖子」というイメージを一貫して保ち続けていると言える。

水星・水瓶座は、頭の回転が速く、クールで客観的、進歩的な思考の持主。
火星・水瓶座は、合理的で、管理されることを嫌い、型破りで革新的な面もある。周囲を気にせず、妥協しない。
安定志向と変化を求める気質の葛藤が大きいかもしれない。

仕事のハウスといわれる6ハウスに4つの星が集中しており、熱意と強い責任感を持って精力的に仕事をする。
仕事に恵まれ、評価される。ワンマン的な面もあり。オーバーワークに注意。
天性の才に加えて、目に見えないところでも、非常に努力をしているのではないだろうか。

なんといっても特徴的なのが、出生図のスタート地点(Asc/アセンダント)の近くにある上昇星の冥王星。
この位置に冥王星があると、自分の思い通りに生きる強さがあり、他人への支配力・影響力も強い。
これがマイナスに働くと、自分本位になったり、他人のいうことを聞かなくなりやすい。

その反面、太陽&金星は魚座に入っているので、ロマンティックで情にもろく、同情心が強く、自己犠牲的なところもある。案外、面倒見が良いのかもしれない。
この2つの星がパートナーシップを表す7ハウスに入っているので、結婚相手やビジネスパートナーによって大きな影響を受ける。人生の中でパートナーや親しい人たちとの関わりがとても重要。

アイドル(偶像)を表す海王星と太陽の座相が良く、大衆の要求をキャッチし易く、芸能関係に向いている。
また太陽と月の座相も良く、人気運があり、虚構の世界で成功し易い。
Mc(天職や成功に関連)と芸能の星・金星が良い座相なのも、芸能活動に吉。

月&海王星の座相⇒夢見がち、現実逃避、退屈を嫌う、欺瞞(整形疑惑)。
月&冥王星の座相⇒感情を強い意思の力でコントロールできる、弱音を吐かない。
水星&木星の座相⇒陽気でユーモアあり、楽天的でおしゃべり好き。
火星&木星の座相⇒野心的、好戦的、肉体的なスタミナがあり、競争の激しい世界でも生き抜いていける。たくさん稼いで、たくさん使う。
火星&天王星の座相⇒コントロールされることを嫌う、人と同じは嫌。
木星&天王星の座相⇒落ち着きの無さ、気まぐれ、移り気、未来志向。

デビューして35年以上経ったが、スキャンダルや数度の結婚にも関わらず、芸能界における独自の地位を築いている。
若々しい容姿を保ち、歌のスタイルも変えずに、大衆が求めるアイドル「松田聖子」のイメージを崩さない。
これから彼女はどういうふうに年を重ねていくのだろうか。