つき子です。
今日は「魚座/Pisces」についてです。

エレメント(四区分):水
クオリティ(3区分):柔軟宮
+-(2区分):-
支配星:海王星/副支配星:木星

 

最後のサイン。全体の完成を望む。
水瓶座よりも人間同士のコンタクト。海に戻って一緒になる。
全体の集合意識と再び融合する。全てが混沌と混ざり合っている。
朦朧とした感じ。夢見ているような。混乱。

理想主義、ヒューマニズム。
交感、同情心、慈悲心、共感能力。
現実を越えた夢や理想の世界に溶け込んでしまいたいと願う。
現実逃避的。

メランコリーな傾向。芸術家、詩人。
重たい感じ。囚われているような、動けなくなっているような感覚。
身体のエネルギー弱い場合あり。

体液、リンパ系、免疫系。
オープンなので免疫系が攻撃でなく弱い場合あり。
寄生虫、真菌感染。
自分というアイデンティティーが曖昧。
人の助けになりたい。NOと言えない。
自己免疫疾患。免疫系の混乱。

中毒、依存傾向。
酒好き、ドラッグ。虚構の世界を好む。(ふわふわ、クラクラするものが好き)
スピリチュアルな世界とのつながりに惹かれる。
トランス状態。夢見る。地に足が着いていない。

物質と精神のバランスをとる。(spiritual fish ~ material fish)

犠牲、何かを諦めなくてはならない。
奉仕的、献身的。

 

どの星座も基本の性質があり、それがプラスに表現された場合と、マイナスに表現された場合の両面を持っています。

★プラス面を表すキーワード
想像力が豊か、同情心が強い、インスピレーションに富む、感受性が強い、包容力がある、献身的、奉仕の精神、無償の愛、共感力がある、受容力が高い、癒しの才能、夢見る力が強い、目に見えない世界を理解

★マイナス面を表すキーワード
決断力が弱い、ぼんやりしている、だらしない、過度に感傷的、中毒傾向、依存的、意思が弱い、地に足が着いていない、混乱しやすい、非現実的、自己陶酔、不安定、流され易い、大雑把な金銭感覚、好き嫌いが激しい、騙されやすい、境界線が曖昧、過度な自己犠牲

 

ある占星術の先生から聞いたお話しですが、占星術に懐疑的な方から「双子の場合はどうなるんですか?占星術が本当なら、同じ人生になるんじゃないですか?」という意地悪な質問をされ、その問いに対して、ある双子の兄弟の話しをしたそうです。

双子の片方は教会の聖職者になり、困った人貧しい人をサポートするようになった。
そして、もう片方はホームレスになり、サポートされる側になったと。

まさに上に記した魚座のプラス面とマイナス面が現れています。まるでコインの両面です。

同じような資質を持って生まれていても、その表現の方向性が違うということです。
魂の成長の度合いによって、違いが現れてくるのかもしれません。