有名人の場合、正しい出生データを公表していないこともあります。
出生時間が変わるとハウスも変わり、それに連れて解釈も変わってくるので、あくまでも「この出生時刻だと仮定して」という前提でお読みください。
翻訳者(=星を読む人)によって解釈や表現がそれぞれに異なってくる世界です。
現時点での「私」というフィルターを通しての星の翻訳表現なので、気軽に楽しんでいただければ幸いです。

出生図の太陽と同じ度数に現在動いている太陽が回帰した天空図で、それからの1年間の傾向を見る「太陽回帰」という手法で、スキャンダル渦中の山口達也の星回りを見てみた。

3つの星(太陽・金星・冥王星)がピッタリとコンジャンクション(0度)。(青い囲み部分)
冥王星は破壊と再生の星で、マイナーチェンジは許さず、いったん全てをゼロにするような徹底的変化を促す。
金星は「女性」「快楽」「お金」などを意味する。
7ハウスに入っているので契約、パートナーシップが根本から変わる可能性が示唆されている。それも金星の意味するものが絡んで。

月と天王星がオポジション(180度)なので、精神的に不安定な傾向。安定と自由を求める葛藤が激しい。

↑これは山口達也の出生図に太陽回帰図を重ねた図。

出生の太陽に冥王星がここ数年プレッシャーをかけており、進行の海王星も並んでいる。海王星の影響がマイナスに働くと「依存」「中毒」「現実逃避」になりやすい。(青い四角の囲み)

出生の太陽と進行の月がオポジション(180度)は、女性関係のトラブル、友人・援助者を失いやすい。(緑のライン)
出生の天王星と進行の金星がオポジション(180度)はスキャンダルで評判を落とす、金銭問題など。(オレンジのライン)
緑のラインとオレンジのラインが直角に交差して「グランドクロス」という特殊な座相ができている。

確かに相当きつい時期ではあるが、過去を清算し仕切り直す絶好のタイミング。自分を見つめ直す貴重な機会を与えられている。
その人が本来の生き方から大きく道を外れている場合、このような星周りの時に、軌道修正させられるような出来事が起こることがある。

 

一番目の図で、MCという点にキローンという小惑星がこれまたぴったりとコンジャンクション(0度)(緑の部分)
キローンは傷と癒しの星なので、彼が真摯に今の問題に向き合った場合、最良の結果として治癒を得られる可能性はある。
火星・木星(オレンジの囲み)が、太陽・金星・冥王星と良い角度を作っているので、徹底的な変化を受け入れるならば、それを後押ししてもらえるだろう。

もし彼が今までのキャリアは全て捨て去る覚悟を持って、依存症と正面から向き合いそれをなんとか克服し、その経験と自分の知名度を活かして同じような苦しみを抱えた人をサポートするという生き方を選択出来ればと思う。
これが自分の過去を肯定できる唯一の道、最良の道ではないだろうか。